カテゴリ: NEWS 日々の出来事

職場の温度が46度を超えてのヘロヘロの毎日で、
ブログ投稿するのもなかなか大変で遅れましたが、先週末の7月28日、29日は、顕正会館館長の誘いを受け台風直撃の中ながらも、参加すれば神がかり的に台風は、逆に味方になり道はスイスイ、風は爽やかに吹き続け久しぶりに快適に120名を超えるたくさんの顕正拳士の皆さんと一緒に稽古する事が出来ました。
本当は、もっと多くの仲間達と一緒に参加したかったのですが、皆の都合が合わずに残念ではありましたが、岩井師範と芦原滋賀時代に共に汗を流した先輩と一緒に充実した2日間を過ごす事が出来ました。
稽古の中、番宣のバラエティ番組に来る場違いの俳優たちの様に11月4日に開催するサバキゲームの紹介をさせてもらえるようにサバキの稽古指導も特別に取組配慮して頂きました。
主催する館長達は直撃、追ってくる台風の影響にやきもきしながらの運営をよそに大変なおもてなしに感謝です。
道中で食べた流しそうめんが揖保乃糸の名産だった事も感動、稽古の体育館から受ける爽やかなマイナスイオンの山風、台風が去った朝にみた山を掛けたアーチの素晴らしい虹など、お誘い頂けなければ一生来る機会もなかったかもしれないと感動でした。
京空会での夏合宿もここ2年ほど出来てない状況ですが、仲間たちと一緒に過ごし稽古をする機会は、やはり大切な経験になると思い
準備は大変ではありますが、また復活できるように計画していきたいなあとつくづく思いました。
稽古からイベントの取組、食事の配慮、夜の飲み会など、スタッフの一丸となったチームワークでのおもてなし、ありがとうございました!

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


本日、介護施設より介護ヘルパーさんの為の護身を教えて欲しいとの依頼があり、犯罪に巻き込まれない為の心得や簡単なサバキを使った護身を教えに行きました。日頃、じいちゃんばあちゃんの相手をされているので、たくましくそんなんせんでも大丈夫ちゃうと思いながらも、いろんなパターンでの対処法を見せればなるほどと食いついてくれました。
使わないで済むのが1番ですが、これを縁に興味を持ってもらえたら、
道場にでも足を運んで欲しいと思います。

http://www.kyoto-fukushi.org/place/mnm.html

イメージ 1


昨日、嵯峨野の大覚寺にてサバキゲームの協賛でお世話になっているうずらのライオンズクラブより依頼の演武会があり、太秦支部の仲間と本部の子供達が参加、外国人含め多くの観光客、招待客の中、太秦支部師範代の指揮のもと、空手の稽古を披露しました。
この日は、本部稽古の日とブッキング、少年部は一部のみの演武会だったのに関わらず、休みと思っていたのかサボりなのか、僅かしか来ず寂しい稽古となりました。
一般部では、先日のテレビ取材の追加撮影の連絡があったので、残った者たちと稽古をしながら待機、スタッフの方たちが来られる時には、汗びっしょりで、すっかり出来上がっていました。
稽古風景を撮ってもらい、みんな満足顔、さてどんな内容でテレビに出るか楽しみデス。
放映は、大きな事件やニュースが無ければ25日水曜日、読売テレビの6時20分から7時までの街角トレンジャーのコーナーで放映されます。
お楽しみくださいませ!


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
       3月のライオンズクラブの会報表紙になりました!

本日、アポなしにていきなり芸人増田岡田さんの増田さんがレポーターで道場を訪問取材!
稽古終わりのヘロヘロ状態ながら、残った仲間と対応しました。
読売テレビのニュース番組の中、25日の6時20分から7時の中で、ボツがなければ放送されます。
突然だったので、ボケもリアクションも取れずの真面目対応となりましたが、良ければ見てください!
それにしても、こないだの外人軍団といい、いきなりが続きます・・・

イメージ 1

ポイント&KO全国大会を控えた昨日の稽古でありましたが、少年部指導後半時より、下の階が騒ついており、師範が中に入って来るや否や 「沢山の外人が来てますけど、聞いてました?」と質問、いやいや知らんでと返したものの、そう言えば月初めに昨年再会したガードさんから3月下旬にカップルのデンマーク人が稽古したいとメールをもらい、下旬は遠征大会もあり無理と断ったつもりでしたが、返信なく、まあ伝わってるやろと思っておりましたら、カップルどころか支部長さんレベルの大男が何人も入ってきて、タジタジとなりましたが、聞けば1人は2001年に芦原滋賀と合同合宿した者の1人で、ずっと会いたかったと言われたり、あなたは沢山のデンマーク人に教え有名ですとおだてられたら、邪険に返すわけにもいきません。大会の調整の自主稽古のつもりが、特別サバキセミナーとなってしまいました。
彼らの知らないバージョンを教え目をまん丸にして熱心に吸収して学ぶ姿は、教え甲斐もあるものです。終了して記念写真を撮るや否や汗だくの道着のまま、では失礼また会いましょうと瞬く間に帰っていきました。
あの姿でホテルまで?と想像したら笑えてきました。
帰り際に名刺を渡し、いつでもウェるカムやけど、その前にアポしてやと言ったら、わかったわかったと笑って言ってましたが、本当に理解しとるのかどうか定かでありません。

そう言えば名も名乗らずだったので、誰が何処の誰だったのかさっぱりわかりません。
まあ、騒々しい月終わりの稽古でしたが、昨年に続いての外人ラッシュになる事は、ご勘弁してもらいたいです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

↑このページのトップヘ