イメージ 1イメージ 2
イメージ 12イメージ 22
イメージ 23イメージ 24
イメージ 25イメージ 26
イメージ 27イメージ 28
イメージ 3イメージ 4
イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10
イメージ 11イメージ 13
イメージ 14イメージ 15
イメージ 16イメージ 17
イメージ 18イメージ 19
イメージ 20イメージ 21
サバキゲームに参加する為に打撃中心の団体さんも、捌きを研究し対策稽古を多くしてきたと聞きました。
サバキの競技がある事で、サバキ専門の団体だけで無く、こうして興味を持って参加してくれる事は、お互いの流派の稽古体制や技術を理解しあえる良い機会になるかと思います。
 
いささか体を止めて掴み合うシーンやもつれ合う事も沢山ありましたが、違う流派同志となれば攻撃の波長も合わずなかなか綺麗に技を決めさせてくれません。
 
理想のサバキを考えれば、見て止まって掴んでいては、力に頼りがちになり、技も決まりにくく、だからと言って
本能として掴んだ手を離そうと出来ずに掴んだまま片手で攻撃をしてしまいがちとなります。
攻撃を受けてから、動いていてはなかなか決まらず先を読む力も必要となり、右か左かと山を張るも良し、動きながら入り、引き廻し、引き崩しのタイミングを付けていければもっと技の決め方も変化していくと思います。
 
頭では判っていても実際やって経験しないと理解出来ない事が多くあります。
競技を通して、色んなタイプの選手と対戦する事により、お約束や理想で決められない事も経験を通して体で覚え、それぞれの選手がそこから工夫をして技の発展や成長に繋がればと期待しております。