春は卒業のシーズンです。
山科の方でも、中学生になるからと区切りをつけて卒業と離れていった者がいたと連絡がありました。
週一回の練習の中でなかなか成長が見れずとも、コツコツと頑張ってきた彼なのですが今日でお別れてとなりました。
毎年経験しなくてはいけないものの、指導者として切ない気持ちでいろいろと思いはありますが、また何かの切っ掛けで、空手をしていた事を思い出してくれた時は、いつでも気軽に戻ってきてもらいたいものです。
 
武縁の中で、一度出会った仲間、弟子たちは、いつまでも私の弟子だと思っております。 
ホンニンタチガ、イヤガレバベツダケド・・・
そうは言っても、私達も若くないのでいつまで同じ状態で続けられるかも疑問ですが・・・
若い者に任せられるようになるまではと頑張っていますがいつの事になるやら、それでも前を見て頑張るしか無いと思っております。
 
今日、一人の女性が体験に来てくれて入会してくれました。
先日も40代のおじさんが、入会してくれました。
女性の方は、お父さんが空手をしていて、この道場を知っていて勧めてくれたらしく他府県の遠方より通ってきてくれるらしく、そんな話を聞けば、卒業していく者の切なさを忘れる位、うれしく思います。
 
おじさんの方は、昔に親戚の子供がここへ来ていたらしく、それを覚えていて心機一転の気持ちで入会してくれました。この方、入会して2週間休まず頑張って稽古に来てくれてます。
今の気持ちを忘れずにコツコツ頑張ってもらいたいものです。
 
去る者が多いこの季節ですが、逆に新たな出会いもある季節です。
オーストラリア人のステップさんも、遠方ながら1時間以上掛かりながらもよく頑張って稽古に通ってくれてます。
 
新しい子供たちも、少しづつ成長して、先輩たちに立ち向かえるようになった者も多く出てきました。
 
こんな人達の新たな頑張りを応援していく事で、こちらもまた元気が出てきます。
 
コツコツと地味な作業で下地を作り、コツコツと強く成長していきたいと思います。
 
明日は、格闘祭り2012で、サバキゲームのPRと講習会の機会を設けて頂いたので、頑張ってサバキの素晴らしさを伝えていきたいと思います。
 
まだまだ微弱な団体ですが、コツコツ前に進むことだけは忘れずにいきたいと思います。
 
 
イメージ 1
 
【成功の秘訣】
この世には、失敗したくてもできない人がいます。
それはまわりから助けてもらえる人。
あなたのことを応援したいと思う人がたくさんいれば、残念ながら、たとえ失敗したくてもできません。
では、どうすれば、あなたのことを応援したい人が現れるのでしょうか。
それは、グチをいうことなく、できることをコツコツと精一杯やること、これだけです。
... いま自分ができることをひたすら続ける。
成功の秘訣は、コツコツ。
一歩を踏み出す前からあなたを応援しようとする人は現れません。
応援してくれる人はあなたの足音を聞いたあとに現れます。
あなたのコツコツという足音を聞いたあとに。
コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ・・・
コツコツという『足』音でいっぱいに『満』たされたとき、それは『満足』になります。