香港芦原のメンバーのカップルより、クリスマス前に京都に来るとのメッセを貰い会う日程がなかなか合わず、奈良のリーグ大会のある23日のみしか無く、いっその事大会に連れて行こうかと提案、ラッキーにも郡山城近くの会場だったので観光も兼ねて試合を見ることが出来大変満足?してもらったかと思います。
大会終了後には、京都までに帰る途中に奈良の東大寺で閉門時間ギリギリで大仏さんを拝む事が出来、鹿に絡まれ奇声を上げなら喜んでもらいました。
 
京都に帰ってから、事前に集合を掛けていた生徒達が既に集まっており、通常は祝日稽古をしていなかったのですが、2人の訪問の為に特別稽古を行いました。
この2人、芦原時代に香港セミナーを行った時に初めて出会い、大変熱心に教えたサバキの練習をしていたので、好印象を持っておりました。
その後2人は、結婚をしながらも、空手を続け、聞けば芦原空手以外に伝統派のナショナルチームにも所属しているらしく、あの宇佐美選手も友人だとかで、そちらの方が凄いやん!と感心しておりました。
大会があった日なので、稽古は短めに行い、最後はみんなでスパーをして、お互いの型披露をして、あっという間に時間となりました。
一緒に稽古をすれば、言葉が通じなくとも判り会えるのか、終了後は子供達ともすっかり仲良くなり、囲まれて何語でしゃべっているのか理解不能ながら、会話をしておりました。
その後、彼等の泊まるホテル近くで食事会をして、短い再会を惜しみながら、お別れしました。
昨日の夜には、無事香港に着いたと連絡があり、慌ただしい日の交流でしたが、これを機に深く交流が発展出来ればと希望致します。
突然の訪問に係わらず、特別稽古に参加して頂いた方、食事にお付き合いして頂いた方、御苦労様でした。
後は、月曜日のラスト稽古を残すのみです。
最後まで、頑張りましょう!
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4