琵琶湖杯ウェイト制大会の前日に顕正会館にて和術の稽古があると聞き、前から上記のような動画を見ては
一度経験してみたくお願いをして、道場生数名を連れて行って参りました。
動画のような手首獲りや胸倉掴みに対しての護身やサイの基本稽古も教えて頂きました。
サバキの護身とは、まったく逆へ入るパターンや良く似た護身もあり、大変勉強になりました。
7時から始まり、10時半までみっちりと鍛えて貰い、その後は翌日に大会があるにも関わらず話術会が始まり
色んな武談に花が咲き、気がつけば12時を回っている事から、お先に失礼させてもらいました。
武器術に関しては、居合い・ヌンチャク・トンファー、サイ、丈等武芸百般の館長ですから、是非機会があれば多くの生徒を連れて学びに行きたいと思います。
 
顕正の皆さまありがとうございました!